PDFファイルや研究成果にご興味がある方は連絡先までご連絡ください.
研究成果の動画は研究テーマのページに掲載しております.

査読付原著論文

  1. 勝部 里菜,益子 宗,内山 俊朗:engawa:プライバシーを考慮した空間可視化システム,デザイン学研究作品集,No.24,pp.6-11,2018.
  2. 工藤 優香,益子 宗,山中 敏正:消費者の購買における認知的不協和とオンラインレビューの関係,日本感性工学会論文誌,Vol.17, No.4, pp.375-380,2018.
  3. 勝部 里菜,牟田 将史,益子 宗,内山 俊朗:heartbeat:心拍の変化を活用したエンターテインメントシステム,デザイン学研究作品集,No.23,pp.84-89,2017.
  4. Oscar E.SAKAY R., Soh MASUKO, Toshimasa YAMANAKA:Differences of Cast Shadows on Food Image Perception, In Proceedings of international Association of Societies of Design Research 2017(IASDR 2017), pp.1850-1857, 2017.
  5. 新里 圭司,益子 宗,関根 聡:オノマトペを利用した商品の使用感の自動抽出,情報処理学会論文誌, Vol.56, No.4, pp.1305-1316, 2015.
  6. 大河原 一輝,平野 廣美,益子 宗,星野 准一:ショッピングモール型ECサイトにおける店舗情報視覚化システムの提案,情報処理学会論文誌, Vol.56, No.3, pp.847-855, 2015.
  7. Alex Yong-Sang Chia, Keita Yaegashi, Soh Masuko:Preserving Maximum Color Contrast in Generation of Gray Images, In A.Fred, M.De Marsico and A.Tabbone (Eds.):Pattern Recognition Applications and Methods (Revised Selected Papers from ICPRAM 2014), Lecture Notes in Computer Science 9443, pp.252-262, Springer International Publishing, 2015. (Invited extended version of paper selected from the Third International Conference, ICPRAM 2014, Angers, France, March 6-8, 2014)
  8. 益子 宗,Shirmenbaatar Myagmarsuren,酒巻隆治:KiTeMiROOM:モバイル端末のためのファッションコーディネート支援システム,電子情報通信学会論文誌, Vol.J96-D, No.10, pp.2286-2294, 2013.
  9. 益子 宗,加茂 浩之,阿部 浩士,竹中 孝真:HITOKE:行列表現を用いたネット購買情報の可視化の検討,芸術科学会論文誌, Vol.11, No.3, pp.37-46, 2012.
  10. 益子 宗,星 鉄矢,平野 廣美:文字認識信頼度と視覚的特徴量を用いた画像内文字検索システムの提案, 情報処理学会論文誌, Vol.51, No.9, pp.1520-1529, 2010.
  11. Soh Masuko, Junichi Hoshino:Head-eye animation corresponding to a conversation for CG characters, Computer Graphics Forum, vol.26, no.3, pp.303-311, 2007.(Presented at Eurographics 2007)
  12. 益子 宗,星野 准一:心拍数制御を用いた運動支援ゲームの提案,芸術科学会論文誌,6(3),pp.136-144,2007.
  13. Soh Masuko,Junichi Hoshino:Generating Head-Eye Movement for Virtual Actor, Systems and Computers in Japan, 37(12), 33-44, 2006.
  14. 益子 宗,星野 准一:仮想俳優のための頭部・眼球動作の生成 ,電子情報通信学会論文誌,Vol.J88-D-II,No.3,pp.585-595,Mar.2005.

作品

  1. 樫村 京,牟田 将史,益子 宗,他:レビューくん, J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019((株)J-WAVE/筑波大学主催,六本木ヒルズ),2019.(招待作品)
    • レビューくん:GUGENコンテスト(株式会社ピーバンドットコム主催,秋葉原コンベンションホール),2019. (審査付)(最終選考作品)
    • レビューくん:未来の学校祭(東京ミッドタウン主催,アルスエレクトロニカ特別協力,東京ミッドタウン・デザインハブ),2020.
  2. 益子 宗,牟田 将史,藤井 靖史,他: 遠隔スタイリング支援システム, CEATEC JAPAN2018((一社)電子情報技術産業協会/(一社)情報通信ネットワーク産業協会/(一社)コンピュータソフトウェア協会主催, 幕張メッセ), 2018.
    • リモートファションコミュニケーションビークル:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜 (自動車技術会主催,パシフィコ横浜),2019.(作品展示)
    • リモートファションコミュニケーションビークル:人とくるまのテクノロジー展2019 名古屋(自動車技術会主催,ポートメッセなごや),2019.(作品展示)
  3. 勝部 里菜,中澤 満,益子 宗,内山 俊朗: engawa, J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018((株)J-WAVE/筑波大学主催,六本木ヒルズ),2018.(招待作品)
    • engawa:つくばメディアアートフェスティバル2018(つくば市主催,茨城県つくば美術館),2018.(作品展示)
  4. 勝部 里菜, 牟田将史,益子 宗,内山 俊朗: heartbeat, J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2018((株)J-WAVE/筑波大学主催,六本木ヒルズ),2018.(招待作品)
    • heartbeat:つくばメディアアートフェスティバル2018(つくば市主催,茨城県つくば美術館),2018.(作品展示)
  5. 益子 宗,牟田 将史,石川 由佳,他:バーチャルスタイリングラボ,FUDGE Holiday Circus 2017((株)三栄書房/品川シーズンテラス主催,品川シーズンテラス), 2017.((株)三栄書房による出展企画審査付)((一社)デジタルサイネージコンソーシアム主催 デジタルサイネージアワード, デジタルサイネージアワード インタラクティブ部門 受賞(2018)) 
  6. 益子 宗,木村 大毅,他:絶対勝てない!?AIじゃんけんにEndlessChallengeキャンペーン, 楽天(株),楽天モバイル店舗(12都道府県20店舗), 2017.((一社)デジタルサイネージコンソーシアム主催 デジタルサイネージアワード, デジタルサイネージアワード インタラクティブ部門 受賞(2018))
  7. 益子 宗,牟田 将史:デジタルサイニャージ:保護猫のため遠隔コミュニケーションシステム,ネコ市ネコ座(ネスレピュリナ/(株)ネコリパブリック主催,ネスカフェ原宿ならびにネコリパブック御茶ノ水店),2016.
  8. 益子 宗,牟田 将史: DYNAMITE BOAT RACE Inning:インタラクティブ・デジタルサイネージ広告,楽天(株),Koboスタ宮城,2016.((一社)デジタルサイネージコンソーシアム主催 デジタルサイネージアワード, デジタルサイネージアワード インタラクティブ部門,ロケーション部門 受賞(2016))
  9. 益子 宗,中澤 満,徐 玖:KiTeMiROOM環境情報に応じたインターネット上データでのコーディネーション, CEATEC JAPAN2016((一社)電子情報技術産業協会/(一社)情報通信ネットワーク産業協会/(一社)コンピュータソフトウェア協会主催, 幕張メッセ), 2016.(CEATEC JAPAN 実施協議会主催 米国メディアパネル・イノベーションアワード, 書類審査通過(2016))
  10. 益子 宗,牟田 将史: PhySig スマートフォン連動によるリアルな世界の商品とのインタラクション, CEATEC JAPAN2016((一社)電子情報技術産業協会/(一社)情報通信ネットワーク産業協会/(一社)コンピュータソフトウェア協会主催, 幕張メッセ), 幕張メッセ, 2016.
  11. 益子 宗,牟田 将史:zapzap 書籍をスマートにチラっと読む, CEATEC JAPAN2016((一社)電子情報技術産業協会/(一社)情報通信ネットワーク産業協会/(一社)コンピュータソフトウェア協会主催, 幕張メッセ), 2016.(CEATEC JAPAN 実施協議会主催 米国メディアパネル・イノベーションアワード, Home Entertainment分野/Software, Computing and Networking分野 ファイナリスト選出(2016))
  12. 益子 宗,黒木 亮輔:AR-HITOKE(エーアール・ヒトケ):拡張現実を用いた賑わいの可視化システム, CEATEC JAPAN2015((一社)電子情報技術産業協会/(一社)情報通信ネットワーク産業協会/(一社)コンピュータソフトウェア協会主催, 幕張メッセ), 2015.(CEATEC JAPAN 実施協議会主催 CEATEC AWARD, ソーシャル・イノベーション部門 準グランプリ 受賞(2015))
    • AR-HITOKE:拡張現実を用いた賑わいの可視化システム,うまいもの大会(楽天(株),名古屋駅コンコース),2011.(作品展示)
    • AR-HITOKE: Visualizing Popularity of Brick and Mortar Shops with AR to Support Purchase Decisions, CeBIT2017(ドイツメッセ主催,Deutsche Messe in Germany), 2017.(作品展示)
  13. 益子 宗,牟田 将史:WallSHOP:スマートフォン連動型お買い物デジタルサイネージ, CEATEC JAPAN2015((一社)電子情報技術産業協会/(一社)情報通信ネットワーク産業協会/(一社)コンピュータソフトウェア協会主催, 幕張メッセ), 2015.(CEATEC JAPAN 実施協議会主催 米国メディアパネル・イノベーションアワード, Software, Computing and Networking部門 受賞(2015))
    • WallSHOP,Rakuten meets BEAMS JAPAN((株)ビームス, 新宿BEAMS JAPAN),2018.(作品展示)
    • WallSHOP(DIGITAL CLOSET), Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER(楽天(株),幕張メッセ),2015.(作品展示)
    • WallSHOP: Personalized Shopping Experience with Public Digital Signage using Mobile Devices, CeBIT2017(ドイツメッセ主催,Deutsche Messe in Germany), 2017.(作品展示)
    • WallSHOP:スマートフォン連動型お買い物デジタルサイネージ,楽天(株),楽天クリムゾンハウスエントランス,2015.(作品展示)
  14. 益子 宗,加茂 浩之,岩淵 志学,田中 二郎:賑わいを可視化する購買支援めがね,電脳メガネサミット 電脳メガネコンテスト(福井県鯖江市/鯖江IT推進フォーラム実行委会主催, 福井県鯖江市文化センター),2012.(審査付)(一次選考通過(2012))
  15. Yasuyuki Hayashi, Soh Masuko: Full Scale Fashion Coordinate System for Online Shopping, Special Session: RGB-D (Xbox-Kinect) application competition, SS11, ACCV2012, 2012. (審査付)(Best Kinect-Application Award, First Runner-up 受賞(2012))
  16. 益子 宗,林 靖之,星 鉄矢:eコマースのためのサイズ感を考慮したファッションコーディネート支援, 2012年映像情報メディア学会年次大会,「キネクト、スマートフォンアプリ、AR等、体感型アプリの世界」デモ作品発表,2012. (作品展示)

国際会議

  1. Shihui Xu, Jingyi Yuan, Xitong Sun, Yuhan Liu, Yuzhao Liu, Kelvin Cheng, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Augmented Reality Fashion Show using Personalized 3D Human Models. 22nd International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2020), Lecture Notes in Computer Science, vol 12184, Springer, 435-450, July 2020. 
  2. Zhinan Li, Ruichen Ma, Kohei Obuchi, Boyang Liu, Kelvin Cheng, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Augmented Reality Shopping System through Image Search and Virtual Shop Generation. 22nd International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2020), Lecture Notes in Computer Science, vol 12184, Springer, 363-376, July 2020.
  3. Kei Kobayashi, Kazuma Nagata, Soh Masuko, Junichi Hoshino: FUROSHIKI: Augmented Reality Media That Conveys Japanese Traditional Culture , ACM SIGGRAPH VRCAI 2019, Short Paper, No. 27, 2019.
  4. Noko Kuratomo, Kazuki Yamada, Soh Masuko, Toshimasa Yamanaka, Keiichi Zempo: Effect of Attention Adaptive Personal Audio Deliverable System on Digital Signage, ACM SIGGRAPH ASIA 2019, Technical Briefs, pp. 118-121, 2019.
  5. Hao Dou, Zhinan Li, Minghao Cai, Kelvin Cheng, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Show Something: Intelligent Shopping Assistant Supporting Quick Scene Understanding and Immersive Preview, 21st INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMAN-COMPUTER INTERACTION (HCII 2019), pp.205-218, 2019.
  6. Shihui Xu, Bo Yang, Boyang Liu, Kelvin Cheng, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Sharing Augmented Reality Experience Between HMD and Non-HMD User, 21st INTERNATIONAL CONFERENCE ON HUMAN-COMPUTER INTERACTION (HCII 2019), pp.187-202, 2019.
  7. Minghao Cai, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Analyzing Interaction in Remote Joint Shopping System, The 12th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2018), pp.57-58, 2018.(Excellent Paper Award)
  8. Boyang Liu, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Gamified Point System On Mobile Device, The 12th International collaboration Symposium on Information, Production and Systems (ISIPS 2018), pp.59-60, 2018.
  9. Yuki Ueda, Kazuma Nagata, Soh Masuko, Junichi Hoshino: Reorientation Method to Suppress Simulator Sickness in Home VR Contents Using HMD, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing(ICEC2018), pp.228-234, 2018
  10. Kazuma Nagata, Soh Masuko, Junichi Hoshino: Construction of mixed reality story environment based on real space shape, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing(ICEC2018), pp.260-265, 2018.
  11. Boyang Liu, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Interactive Point System Supporting Point Classification and Spatial Visualization, In Proceedings of the 20th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2018), HCI (4), pp.78-89,2018.
  12. Minghao Cai, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Shopping Together: A Remote Co-Shopping System Utilizing Spatial Gesture Interaction, In Proceedings of the 20th International Conference on Human-Computer Interaction (HCI International 2018), HCI (3), pp.219-232,2018.
  13. Minghao Cai, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Gesture-based Mobile Communication System Providing Side-by-side Shopping Feeling, In Proceedings of the 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion (IUI’18), No.2, 2018.
  14. Xuan Wang, Chunmeng Lu, Soh Masuko, Jiro Tanaka: Interactive Online Shopping with Personalized Robot Agent, In Proceedings of the 23rd International Conference on Intelligent User Interfaces Companion (IUI’18), No.12, 2018.
  15. Masahumi Muta, Yuka Ishikawa, Toshimasa Yamanaka, Soh Masuko: Oz’s Fitting Room: Fashion Coordination Support System by Digital Signage and Human-driven Virtual Agent, In Proceedings of the 7th ACM International Symposium on Pervasive Displays (PerDis 2018), Article No. 32, 2018.
  16. Yeongnam Chae, Jiu Xu, Bjorn Stenger and Soh Masuko: Color Navigation by Qualitative Attributes for Fashion Recommendation, In Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2018), pp.559-561,2018.
  17. Yeongnam Chae, Daniel Crane, Bjorn Stenger and Soh Masuko: Image Placement Order Optimization for Mobile Commerce, In Proceedings of 2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE 2018), pp.115-119,2018.
  18. Keigo Matsumoto, Masahumi Muta, Kelvin Cheng, Soh Masuko: Selecting Moving Targets in AR using Head Orientation, In Proceedings of the International Conference on Artificial Reality and Telexistence & Eurographics Symposium on Virtual Environments(ICAT-EGVE), pp.21-22,2017.(IFIP, Best Poster Award 受賞)
  19. Yukihiro Achiha, Takayoshi Yamashita, Mitsuru Nakazawa, Soh Masuko, Yuji Yamauchi and Hironobu Fujiyoshi: Word Recognition by Combining Outline Emphasis and Synthesize Background, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.492-496,2017.
  20. Kelvin Cheng, Mitsuru Nakazawa and Soh Masuko: MR-Shoppingu: Physical Interaction with Augmented Retail Products using Continuous Context Awareness, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.452-455,2017.(IFIP, Best Poster Award 受賞)
  21. Masahumi Muta and Soh Masuko: Zapzap: Table Top Device Which Presents the Contents of The Book Vaguely to Support Browsing Books in the Bookstore, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.447-451,2017.
  22. Mitsuru Nakazawa, Jiu Xu and Soh Masuko: Delivering Active Fashion Advertisement to Potential Viewers, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.443-446,2017.(IFIP, Best Demo Award 受賞)
  23. Motoi Okuzono, Masafumi Muta, Soh Masuko, Hayaki Kawata and Jun’ichi Hoshino: Partner Character Attracting Consumers To Real Stores, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.423-426,2017.
  24. Motoi Okuzono, Masafumi Muta, Soh Masuko, Hayaki Kawata and Jun’ichi Hoshino: Tourist Spot Recommendation System with Image Selection Interface, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.419-422,2017.
  25. Syoichiro Ota, Hayaki Kawata, Masafumi Muta, Soh Masuko and Jun’Ichi Hoshino: AniReco: Japanese Anime Recommendation System, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.400-403,2017.
  26. Hayaki Kawata, Kazuki Ookawata, Masafumi Muta, Soh Masuko and Jun’IchiHochino: Lifestyle Agent: The Chat-oriented Dialogue System for Lifestyle management, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.396-399,2017.
  27. Kazuki Ookawara, Hayaki Kawata, Masafumi Muta, Soh Masuko, Takehito Utsuro and Jun’Ichi Hoshino: Deep Photo Rally: Let’s Gather Conversational Pictures, In Proceedings of the International Conference on Entertainment Computing (ICEC2017), pp.387-391,2017.(IFIP, Best Poster Award 受賞)
  28. Masafumi Muta, Soh Masuko, and Adiyan Mujibiya: PhySig: Incorporating Physical Products with Digital Signage in Shopping Environments, In Proceedings of the 2015 International Conference on Interactive Tabletops & Surfaces (ITS’15), pp. 289-294, 2015.
  29. Masafumi Muta, Soh Masuko, Keiji Shinzato, Adiyan Mujibiya: Interactive Study of WallSHOP: Multiuser Connectivity between Public Digital Advertising and private Devices for Personalized Shopping, In Proceedings of the 4th International Symposium on Pervasive Displays (PerDis ’15), pp.187-193, 2015.
  30. Soh Masuko, Masafumi Muta, Keiji Shinzato, Adiyan Mujibiya: WallSHOP: Multiuser Interaction with Public Digital Signage using Mobile Devices for Personalized Shopping, In Proceedings of the 20th International Conference on intelligent User Interfaces (IUI 2015), pp.37-40, 2015.
  31. Takuya Iwamoto, Soh Masuko: Lovable Couch: Dispelling Distrustful Feelings for Couples by Displaying Excitation Based on Heartbeat Changes, In Proceedings of the 6th Augmented Human International Conference (Augmented Human 2015), pp.157-158, 2015.
  32. Soh Masuko, Ryosuke Kuroki: AR-HITOKE: Visualizing Popularity of Brick and Mortar Shops to Support Purchase Decisions, In Proceedings of the 6th Augmented Human International Conference (Augmented Human 2015), pp.185-186, 2015.
  33. Masafumi Muta, Kenji Mukai, Ryoutarou Toumoto, Motoi Okuzono, Junichi Hoshino, Hiromi Hirano, Soh Masuko: Cyber Chamber: Multi-user Collaborative Assistance System for Online Shopping, In Proceedings of the 2014 ACM International Conference on Interactive Tabletops and Surfaces (ITS 2014), pp.289-294, 2014.
  34. Alex Yong-Sang Chia, Keita Yaegashi and Soh Masuko: Image Decolorization by Maximally Preserving Color Contrast, In Proceedings of the 3rd International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2014), pp.453-459, 2014.
  35. Yasuyuki Hayashi, Soh Masuko: Visualization of Dimension Measurement Using a Consumer Grade Tablet Camera-Audio Sensor, In Proceedings of the 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2013), pp.131-134, 2013.
  36. Masato Hagiwara, Soh Masuko: KooSHO: Japanese Text Input Environment based on Aerial Hand Writing, NAACL-HLT 2013, pp.24-27, 2013.
  37. Yasuyuki Hayashi, Soh Masuko: AteGau: Projector-Based Online Fashion Coordination System, In Proceedings of the extended abstracts of the 31st annual ACM conference on Human factors in computing systems (CHI EA ’13), pp.973-978, 2013.
  38. Shigaku Iwabuchi, Soh Masuko, Junichi Hoshino: Energy Management System for EV based on User Behavior Induction, In Proceedings of the extended abstracts of the 31st annual ACM conference on Human factors in computing systems (CHI EA ’13), pp.1671-1676, 2013.
  39. Soh Masuko, Yasuyuki Hayashi: KiTeMiROOM: A Fashion-Coordination System for Mobile Devices, In Proceedings of the extended abstracts of the 31st annual ACM conference on Human factors in computing systems (CHI EA ’13), pp.601-606, 2013.
  40. Soh Masuko, Hiroshi Abe: HITOKE: A Study of Queue Visualization of Internet Purchase Information, In Proceedings of the extended abstracts of the 31st annual ACM conference on Human factors in computing systems (CHI EA ’13), pp.1839-1844, 2013.
  41. Soh Masuko, Junichi Hoshino: Heart Rate Control method for a Fitness Game, In Proceedings of NICOGRAPH International, pp.101-106, 2007.
  42. Soh Masuko, Junichi Hoshino: A Fitness Game Reflecting Heart Rate,In Proceedings of the 2006 ACM SIGCHI international conference on Advances in computer entertainment technology(ACE’06), pp.53-59, 2006.
  43. Soh Masuko, Junichi Hoshino: Attentional Behavior Model for a Virtual Character, In Proceedings of the 2005 International Conference on Active Media Technology(AMT2005), pp.511-516, 2005.
  44. Soh Masuko, Junichi Hoshino: Conversational Locomotion of Virtual Characters, In Proceedings of the Social Intelligence and Interaction in Animals, Robots and Agents(AISB05), pp121.-127, 2005.
  45. Soh Masuko, Junichi Hoshino: Composite Head-Eye Motion Model, In Proceedings of the 10th International Conference on Virtual System and Multimedia(VSMM2004), pp.1126-1135, 2004.

招待講演

  1. 益子 宗:[招待講演] ニューノーマル時代のXRコミュニケーションのあり方,ARISE LIVE第一回,MESON主催, 2020.
  2. 益子 宗:[招待講演] モビリティエンタテインメント~これからの車内空間のあり方~, Inter BEE IGNITION, Inter BEE 2019, 2019.
  3. 益子 宗:[招待講演] オンラインとオフラインの境界をCXで溶かす試み, Next Retailing, デジタルサイネージジャパン2019, 2019.
  4. 益子 宗:[招待講演] デジタルサイネージコンソーシアム オープンラボ,(一社)デジタルサイネージコンソーシアム,2019.
  5. 益子 宗:[招待講演] エキスパートと考える、最先端研究とビジネスの接合,AI TALK NIGHT vol.5 , 株式会社レッジ, 2018.
  6. 益子 宗:[基調講演] ショッピングを媒介にする新たなメディア体験, Inter BEE 2017, 2017.
  7. 益子 宗:[招待講演] Society5.0で変わる新しいメディア体験, Inter BEE 2017, 2017.
  8. 益子 宗:[招待講演] アワード受賞企業から学ぶ、デジタルサイネージのコンテンツ企画・演出, デジタルサイネージコンソーシアム勉強会,(一社)デジタルサイネージコンソーシアム, 2017.
  9. 益子 宗:[招待講演] ネット側からのデジタルサイネージへのアプローチ, デジタルサイネージジャパン2016, 2016.
  10. 益子 宗,林 靖之:[招待講演] 新たな消費者体験の実現に向けたプロジェクションマッピング技術の可能性と展望,第18回日本バーチャルリアリティ学会大会,pp.376-377,2013.
  11. 益子 宗:[特別講演] 未来のお買い物を支援するインタフェース開発と取り組み, 信学技報, vol.112, no.225, PRMU2012-53, pp.13-18, 2012.

総説

  1. 益子 宗:次世代ショッピング体験の実現に向けた研究開発と取り組み,次世代店舗,第2号,別冊 NTS JOURNAL,株式会社エヌ・ティー・エス, 2019.
  2. 益子 宗:新たな顧客体験を生むオンラインとオフラインの融合,アド・スタディーズ,70号,公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団, 2019.
  3. 益子 宗:VISIT MEMBER’S ROOM -会員企業訪問記- 第49回 楽天株式会社 楽天技術研究所,つくばサイエンス・アカデミー会誌 No.36, p.24, 2019.
  4. 益子 宗:筑波大学と楽天による新しい店舗システムに関する教育研究一体型産学連携,つくばサイエンス・アカデミー会誌 No.33, pp.17-18, 2018.
  5. 益子 宗:新しい消費体験の実現に向けた研究開発と取り組み, 画像ラボ,Vol.24, no.6, pp.17-25,2013.
  6. 益子 宗,星野 准一:ゲームの社会応用-エクサテインメント,画像電子学会誌,Vol.3,No.6,pp.921-925,2006.

口頭発表

  1. 長田 一馬,小林 桂,益子 宗,星野 准一:積み木を利用した複合現実コンテンツにおける点群処理,インタラクション2020論文集,2B-37,pp.626-628, 2020.
  2. 小西 優実,益子 宗,落合 裕美,小池 英樹:全天球カメラを用いた視線推定技術の提案,インタラクション2020論文集,2P-76,pp.755-757, 2020.
  3. 清水 友順 , 双見 京介 , 牟田 将史 , 益子 宗 , 寺田 努 , 塚本 昌彦:ランキングバイアスの緩和に向けたポジティブ情報の利用と閲覧パターンの分析,情報処理学会研究報告.HCI, 2019-HCI-187(5), pp.1-7, 2019.
  4. 落合 拓朗 , 藤田 智 , 益子 宗 , 星野 准一:視線情報に基づいた嗜好分析から商品推薦を行うVRショッピングシステム,情報処理学会研究報告.HCI, 2019-HCI-184(3), pp.1-7, 2019.
  5. 藤田 智 , 河田 隼季 , 益子 宗 , 星野 准一:実店舗での購買支援を目的とした複合現実空間内の仮想キャラクタシステム,情報処理学会研究報告.HCI, 2019-HCI-176(10), pp.1-6, 2018.
  6. 工藤 優香,益子 宗,山中 敏正:消費者の購買における認知的不協和とオンラインレビュー~日本人を対象とした自由選択パラダイムによる実験~, 第13回日本感性工学会春季大会, WG1-6, 2018.
  7. 小関 美咲,益子 宗,内山 俊朗,山中 敏正:購買行動における映像再生速度の効果の検証~スマートフォンを用いたオンラインショッピングを想定して~, 第13回日本感性工学会春季大会, WP2-37, 2018.
  8. 勝部 里菜,中澤 満,益子 宗,内山 俊朗:engawa:空間内部の様子を可視化し,外部に発信するシステム, 映情学技報, vol.42, no.12, AIT2018-74, pp.119-122, 2018.
  9. 工藤 優香,益子 宗,山中 敏正:オンラインレビューが購入製品決定後に生じる認知的不協和に与える影響, 第19回日本感性工学会大会, E28, 2017.
  10. 工藤 優香,益子 宗,山中 敏正:オンラインレビューが購入製品決定後に生じる認知的不協和に与える影響, 第12回日本感性工学会春季大会, P-12, 2017.
  11. Oscar E.SAKAY R., Soh MASUKO, Toshimasa YAMANAKA:The Effect of Shadows on “Deliciousness and Freshness, Impression on Food Images Phase 1:Shadow template and creation of food images, 第12回日本感性工学会春季大会, P-19, 2017.(日本感性工学会, 優秀発表賞 受賞)
  12. 奥薗 基,牟田 将史,益子 宗,石田 正則,星野 准一:実店舗に誘客するパートナーキャラクターシステムの構築, 情報処理学会研究報告.HCI, 2017-HCI-172(4), pp.1-6, 2017.
  13. 河田 隼季 , 大河原 一輝 , 牟田 将史 , 益子 宗 , 星野 准一:Lifestyle Agent:生活習慣管理の意識付けを支援する対話システム,情報処理学会研究報告.HCI, 2017-EC-43(12), pp.1-6, 2017.
  14. 太田 祥一郎,河田 隼季,牟田 将史,益子 宗,星野 准一:AniReco:ユーザの嗜好を反映させたアニメ作品推薦システム, 情報処理学会研究報告.HCI, 2017-HCI-172(10), pp.1-8, 2017.
  15. 中澤 満, 徐 玖, 益子 宗:通行客の閲覧可能性を考慮したファッションサイネージの配信, 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2016)予稿集, pp.219-220, 2016.
  16. 牟田 将史, 益子 宗:zapzap:書籍の内容をあいまいに提示して購買意欲を高めるテーブルトップ型デバイスの試作, 第24回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2016)予稿集, pp.311-312, 2016.
  17. 中川 慎哉, 岩淵 志学, 益子 宗, 田中 二郎:美味しさを伝えるための食事音に応じた視覚的表現提示システム,第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2015)予稿集, pp.209-210, 2015.
  18. 牟田 将史, 益子 宗:ZenTravel:VRヘッドマウントディスプレイを利用した,周辺環境を考慮しやすい宿泊施設検索システム,第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2015)予稿集, pp.195-196, 2015.
  19. 古田島 裕斗, 岩淵 志学, 益子 宗, 田中 二郎:GazeVoting:視線を用いた協調Webブラウジング,第23回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2015)予稿集, pp.149-150, 2015.
  20. 大河原 一輝, 牟田 将史, 平野 廣美, 益子 宗, 星野 准一:ECサイトにおける店舗推薦システムに向けた類似店舗抽出手法,情報処理学会研究報告.HCI, 2015-HCI-162(13), pp.1-8, 2015.
  21. 奥薗 基, 牟田 将史, 平野 廣美, 益子 宗, 星野 准一:複数人での旅行における嗜好分析による観光地推薦システムの提案,情報処理学会研究報告.HCI, 2015-HCI-162(19), pp.1-8, 2015.
  22. 高部 拓人,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:Glass 型端末とスマートフォンを連携した客と店員間のコミュニケーション機会を提供するシステム,インタラクション2015, A21, pp.229-232, 2015.
  23. 夛田 一貴,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:パッシブ無線通信を用いた実世界とweb間の双方向商品推薦システムの提案,インタラクション2015, A60, pp.381-384, 2015.
  24. 濱 聡子,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:拡張現実感を用いたロイヤルティ・ポイントの可視化,インタラクション2015, C10, pp.759-761, 2015.
  25. 牟田 将史,益子 宗,新里 圭司,Adiyan Mujibiya:WallSHOP:Webブラウザのみで動作する複数人が携帯端末から操作可能なデジタルサイネージ,インタラクション2015, C26, pp.826-831, 2015.
  26. 岩本 拓也,益子 宗:心拍変動を用いた出会いの場における不信感払拭支援システム Lovable Couch,インタラクション2015, C39, pp.866-871, 2015.
  27. 小川 直記,岡部 誠,尾内 理紀夫,益子 宗,平野 廣美:配置と時間による可読性を維持した画像内文字提示手法,WISS2014(ロングペーパー), pp.55-60, 2014.
  28. 牟田 将史, 益子 宗, 新里 圭司, Adiyan Mujibiya:WallSHOP:遠隔操作可能な商品情報配信用デジタルサイネージ,WISS2014, pp.149-150, 2014.
  29. 奥薗 基, 牟田 将史, 平野 廣美, 益子 宗, 星野 准一:複数人の嗜好分析による観光地推薦システムの提案,WISS2014, pp.147-148, 2014.
  30. 岩本 拓也, 益子 宗:Lovable Couch :心拍変動の可視化による異性への不信感の払拭の検討,WISS2014, pp.159-160, 2014.
  31. 山路 大樹, 岩淵 志学, 益子 宗, 田中 二郎:EC サイトにおける拡張現実を用いた商品の大きさと重さの提示手法の検討,WISS2014, pp.191-192, 2014.
  32. 大河原一輝, 平野廣美, 益子 宗, 林靖之, 星野准一, RakuTenpo:ショッピングモール型ECサイトにおける店舗視覚化システム, 情処報 HCI, Vol.2014-HCI-157, No.6, pp.1-6, 2014.
  33. 大河原一輝, 平野廣美, 益子 宗, 林靖之, 星野准一:モール型ECサイトにおける店舗の回遊性を考慮した店舗視覚化システム, インタラクション2014,B4-7, pp.496-500, 2014.
  34. 牟田将史, 向健次, 東本遼太郎, 益子 宗, 平野廣美, 林靖之, 星野准一:Cyber Chamber:オンラインショッピングにおけるプロジェクタとタブレット端末を用いた複数人での購買活動支援システム, インタラクション2014, B0-3, pp.340-345, 2014.
  35. 田中 舜一,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:誌面におけるリアルタイム情報の重畳表示を用いた商品購入支援システム,インタラクション2014, C1-2, pp.580-582, 2014.
  36. 菅野 恭平,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎,実世界アフィリエイト広告表示システムの提案,インタラクション2014, pp.367-370, B0-9, 2014.
  37. 塚田 裕太,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:着用時のコンテキストと照らし合わせる服装コーディネート支援システムの提案,インタラクション2014, C0-5, pp.549-553, 2014.
  38. ダワースレン・エンクバト,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:つながり X-HairStyle:直感的なヘアスタイル発見支援システム,インタラクション2014, A6-2, pp.321-325, 2014.
  39. 土佐 伸一郎,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:購買欲を刺激するための拡張現実感を用いたクーポン利用購買支援システム,インタラクション2013, 3EXB-36, pp.715-718,2013.
  40. 大江 龍人,岩淵 志学,益子 宗 :商品のサイズ感が伝わる多視点画像の記録閲覧システム,インタラクション2013,3EXB-50,pp.770-775,2013.
  41. 金子 将大,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:購買意欲を向上させるための持ち物自慢支援システム,インタラクション2013,3EXB-10, pp.601-603,2013.
  42. 小林 智輝,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:仮想置き換えによる買い替え支援,インタラクション2013,3EXB-23, pp.657-659,2013.
  43. 塚田 裕太,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:商品利用時のコンテキストを提示する試着ミラーの提案,インタラクション2013,2EXB-47,pp.526-529, 2013.
  44. 萩原 正人,益子 宗:KooSHO 空中での手書きジェスチャーに基づく日本語入力環境,言語処理学会第19回年次大会(NLP2013),P2-4,pp.414-417,2013.
  45. 益子 宗,林 靖之,星 鉄矢:eコマースのためのサイズ感を考慮したファッションコーディネート支援, 2012年映像情報メディア学会年次大会,デモ作品発表,2012.
  46. Masafumi Muta, Soh Masuko, Junichi Hoshino:Intelligent Closet:Efficient Browsing of Clothes for On-Line Fashion Shopping,電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, BS-5-34, 2012.
  47. 牟田将史, 益子 宗, 星野准一:ディスプレイ上におけるコーディネートを考慮した衣服探索を支援するシステム,第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012), 11(3), pp.405-406,2012.
  48. 酒巻 隆治 , 加茂 浩之 , 益子 宗:スマートフォンのためのファッション検索インタフェースの提案,日本デザイン学会,第59回春季研究発表大会, 1-04,2012.
  49. 牟田 将史, 益子 宗, 星野 准一:衣服の通信販売サイトにおける商品探索支援システム,情報処理学会,エンタテインメントコンピューティング(EC)研究会, Vol.2012-EC-24, No.2, pp.1-5,2012.
  50. 岩淵 志学, 益子 宗, 星野 准一:EV利用者の行動解析および充電時刻の推薦による地域エネルギーシステムの効率化手法, 信学技報, vol.111, no.444, IA2011-73, pp.47-52, 2012.(電子情報通信学会, インターネットアーキテクチャ研究賞 受賞)
  51. ダワースレン エンクバト,城崎 亮 ,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:つながりテーブル:実物の本を用いた関連商品探索システム,インタラクション2012,2EXB-31,pp.635-640,2012.
  52. 彭 昶,李 雲,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:ハンドジェスチャインタラクションを用いた複数ユーザによるお買い物インタフェース,インタラクション2012,1EXB-48,pp.421-426,2012.
  53. 大江 龍人 ,韮澤 賢三 ,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:身体動作を用いて商品サイズを絞込む検索インタフェースの設計と評価,インタラクション2012,2EXB-09,pp.509-514,2012.
  54. 酒巻 隆治,小池 宏幸 ,益子 宗:色弱者に対する実世界カラーピッカーの検討,インタラクション2012,1EXB-26,pp.287-292,2012.
  55. 益子 宗,シルメンバータル ミャグマルスレン,酒巻 隆治:KiTeMiROOM :オンラインショッピングのためのファッションコーディネート検索システムの提案 ,インタラクション2012,3EXB-07,pp.807-812,2012.(情報処理学会, インタラクティブ論文賞 受賞)
  56. 大江 龍人,韮澤 賢三,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:これくらe-コマース:商品サイズを直感的に絞込める検索インタフェース,第4回楽天研究開発シンポジウム,2011.
  57. Chang Peng, Unseok Lee, Shigaku Iwabuchi, Soh Masuko, Jiro Tanaka:Coordinated Shopping:Virtual Fitting Multi-User Interface, 第4回楽天研究開発シンポジウム, 2011.
  58. Davaasuren Enkhbat,城崎 亮,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:つながりExplorer-Real:実空間における商品間の関連の可視化手法の検討, 第4回楽天研究開発シンポジウム, 2011.
  59. 八重樫 恵太,益子 宗:料理写真における特定物体の自動トリミングに関する研究,ヒューマンインターフェース学会研究会,Vol.13 No.10,pp.55-60,2011.
  60. 加茂 浩之,益子 宗:ネット購買情報のリアルタイム可視化による購買促進, 情報処理学会研究報告,グラフィクスとCAD研究会, Vol.2011-CG-143 No.5,pp.1-6,2011.
  61. 大江 龍人,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:センサログを用いたeコマースのための購買支援システム, インタラクション2011,pp.215-218,2011.
  62. 韮澤 賢三,岩淵 志学,益子 宗,田中 二郎:つながり Explorer:関連の提示に基づく 対話的商品探索インタフェース, インタラクション2011, pp.211-214,2011.
  63. 加茂 浩之,益子 宗,岩淵 志学,田中 二郎:拡張現実感を用いて賑わいを可視化する購買支援システム, インタラクション2011,pp.165-168,2011.
  64. 益子 宗,加茂 浩之,阿部 浩士,竹中 孝真:オンライン購買状況の可視化による購入意欲の促進,NICOGRAPH AUTUMN 2011,III-3,pp.1-8,2011.
  65. 皆木 貴生,益子 宗,中谷 知博,星野 准一:ユーザ心拍数を反映したエクササイズゲームの構築, 信学技報HIS, vol.109, no.75, MVE2009-3, pp.13-18, 2009.
  66. 皆木 貴生,益子 宗,中谷 知博,星野 准一:心拍を反映したフィットネス支援ゲームの構築,情報処理学会研究報告,EC研究会,no.129,pp.13-18,2008.
  67. 益子 宗,星野 准一:CGキャラクタのための視線移動モデルの提案,NICOGRAPH Spring Festival in TAF,pp.1-6,2007.
  68. 益子 宗,星野 准一:インタラクティブ対話ゲームにおけるCGキャラクタの視線動作の生成 ,情報処理学会研究報告,グラフィクスとCAD研究会,No.111,pp.97-102,2007.
  69. 益子 宗,星野 准一:フィットネスゲームにおける心拍数制御法の提案,情報処理学会,第6回EC研究会,pp.41-48,2007.
  70. 益子 宗,星野 准一:ユーザ心拍数を反映したフィットネス支援ゲームの実現,NICOGRAPH AUTUMN 2006,V-1,pp.1-6,2006.
  71. 益子 宗,星野 准一:心拍変動によるユーザ情動変化を促すゲーム要素の解析” , エンタテインメントコンピューティング2006, pp.115-116, 2006.
  72. 広田 健一,益子 宗,星野 准一:インタラクティブCGキャラクタのための反応的注意動作の生成,情報処理学会技術フォーラム(FIT2005),pp.189-192, 2005.
  73. 広田 健一,益子 宗,星野 准一:ストーリー型エクサテインメント,情報処理学会,エンタテインメントコンピューティング2005,pp.145-146,2005.
  74. 広田 健一,益子 宗,星野 准一:インタラクティブCG キャラクタのための反応的注意動作の生成,第1回デジタルコンテンツシンポジウム,S3-3,2005.
  75. 益子 宗,星野 准一:視線情報の参照による説明動作の生成,信学技報, Vol.104, No.168, pp.7-12, 2004.
  76. 田中 彰人,益子 宗,星野 准一:遺伝的アルゴリズムに基づく複合人物動作の生成,人工知能基礎論研究会(第55回), pp.69-74, 2004.
  77. 益子 宗,星野 准一:仮想俳優のための頭部動作の生成,信学技報, Vol.103, No.515, pp.1-6, 2003.
  78. 中野 敦,益子 宗,星野 准一:対話型映画のための実写に基づく仮想俳優の生成,信学技報, Vol.103, No.166, pp.17-22, 2003.
  79. 益子 宗, 中野 敦:対話的な仮想ファッションシステムの実現,平成 14 年度.未踏ソフトウェア創造事業開発成果報告, 2003.

記事・Webメディア等

2020
  • 楽天技術研究所と楽天市場(2)[通販新聞 2020.05.07]
  • 楽天技術研究所と楽天市場(1)[通販新聞 2020.04.23]
2019
2018
2017
-2016

テレビ

動画

益子 宗:[招待講演] ネット側からのデジタルサイネージへのアプローチ, デジタルサイネージジャパン2016, 2016.

益子 宗:[招待講演] ニューノーマル時代のXRコミュニケーションのあり方,ARISE LIVE第一回,MESON主催, 2020.

本を紹介するデジタルサイネージ 神戸の学生と楽天が共同開発, サンテレビ, 2019.